受付時間

がらぱご蕨整骨院 048-229-4947

交通事故専門ダイヤル 0120-014-911

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 車を運転中に事故を起こしてしまった
  • 事故後、どうして良いかわからない
  • 保険会社との交渉が不安
  • 後遺症が残らないような施術を受けたい
  • 身体の節々が痛み出してきた

痛みや不調は放置せず早めの施術を!|がらぱご蕨整骨院

交通事故後に医療機関で、頸椎捻挫や頸椎損傷と診断を受け、その後、整骨院にご来院される方の中には、損傷部のみ治療していれば完治すると考えている患者様が多くいらっしゃいます。しかしながら、交通事故治療では、損傷部だけでなく全身の状態を把握しアプローチを行っていくことが重要です。

交通事故治療において、治療前のカウンセリングはとても重要です。事故の状況、患部の位置、角度や衝撃の強さなど、交通事故時の細かい状況まで伺うと、交通事故の衝撃により負傷した部位に痛みが生じ、その痛みをかばうために普段以上の負担を他の部位にかけてしまうことにより、別の部位にも痛みが生じるといったことが多く起こっています。

交通事故による直接的な損傷は一か所でも、全身へ影響が及んでしまうことも少なくありません。

早めの対応が後遺症のリスクを軽減

当院では、交通事故で負ったケガだけでなく、全身の状態を丁寧に把握することを大切に治療を行っています。

交通事故によるケガの中でも特に多いむち打ちの症状ですが、よく全身を観察していくと、首だけでなく、全身を支えている骨盤や背骨などがずれてしまっていることも多く、全身のバランスを整えることで、患部の早期治癒も可能にします。

身体は、骨盤や背骨、頸椎とすべて繋がっているため、全身のバランスを整えることで、むち打ちの患部である首の痛みや不快感を改善し、後遺症のリスクを軽減します。

交通事故によるケガは、整骨院で早めに全身へのアプローチを行うことにより、その後の治療期間や生活の質にも影響を与えます。

交通事故によるケガを抱えていらっしゃいましたら、当院へ一度ご相談ください。

交通事故時に押さえておきたいポイント|がらぱご蕨整骨院

1.損害賠償の話を交通事故現場でしてはいけません

交通事故によるケガの治療費などの示談交渉は、治療がすべて終わり、費用の総額がわかった後に行ってください。事故現場で、示談書や念書を書いたり、署名・捺印をすることも避けましょう。不要なトラブルを避けるためにも、速やかに警察に連絡し、事故に関する問題は当事者だけでなく、専門家に間に入ってもらい行うことをおすすめします。

2.交通事故後は、医療機関で精密検査を受けましょう

交通事故によるケガは、事故から時間が経過してから現れることも少なくありません。交通事故直後は興奮状態にあるため、痛みや症状に気づきにくく、治療が遅れることで、治療期間が延びたり、後遺症のリスクを高めることもあります。交通事故後は、痛みや外傷がなくても、必ず医療機関で精密検査を受け、必要な治療を早めに受けるようにしましょう。軽いケガであっても、自己判断は禁物です。

3.交通事故後は、保険会社への連絡も忘れず行いましょう

交通事故後は、加害者であっても被害者であっても、保険会社へ連絡をすることが重要で、連絡のタイミングが遅くなると、補償の申請などに影響が出る場合もあります。交通事故後は、保険会社への連絡を必ず行いましょう。
また、交通事故によるケガでは、事故直後に受診した病院から、自宅や職場近くの別の病院に転院することも少なくありません。保険金の支給にも関わりますので、転院などの細かい事項や変更の際にも、適宜、保険会社へ連絡することが大切です。

4.交通事故後は、警察への連絡も速やかに行いましょう

交通事故後に警察に届け出を行うと、保険会社への保険金請求などの際に必要な交通事故証明が発行されます。交通事故で加害者となってしまった場合、警察へ届け出を行わない方もいらっしゃいますが、交通事故後の警察への届け出は義務ですので、加害者であっても被害者であっても、警察へ必ず届け出るようにしましょう。
また、交通事故に遭った際、示談や物損事故としてしまうと、時間が経過してから身体に痛みや症状が出て、通院や治療が必要になったときに、治療費を請求できなくなる場合があります。

5.加害者の所在確認も忘れずに行いましょう

交通事故で被害者となった場合には、必ず、下記を事故現場で確認し控えておきましょう。

氏名
車種、ナンバー
電話番号
住所
会社の住所、電話番号など
携帯電話やスマートフォンで、加害者の運転免許証や車のナンバーを撮影しておくことも大切です。

6.治療費などの領収書は、一定期間、保管しておきましょう

交通事故によるケガの治療費は、ほとんどの場合、自賠責保険や任意保険でカバーされますが、保険会社への請求の際に、入院費や治療費、通院にかかった交通費など公的に証明するものが必要になりますので、交通事故後に発生した諸経費の証明書などは、一定期間、しっかりと管理・保管することが大切です。

7.交通事故現場の目撃者の連絡先も確認しておきましょう

交通事故に遭った際、現場の目撃者の証言はとても大切で、示談交渉にも影響を与えます。交通事故現場に目撃者がいた場合は、出来る限り、お互いに連絡先を交換してください。また、携帯電話やスマートフォンで、事故現場の状況を、写真や動画で撮影しておくことも大切です。

エキテン口コミ

がらぱご蕨整骨院

お問い合わせ

住所
〒335-0001 埼玉県蕨市北町1-5-10
予約
電話・LINE・エキテンネット・予約優先制
定休日
水曜日、日曜日の午後
駐車場
軽自動車1台有り/近隣有料パーキング有り

受付時間